ロゴ
HOME>特集>大工になって手に職をつけよう【自分に合った求人を探す】

大工になって手に職をつけよう【自分に合った求人を探す】

大工

大工のやりがいについて

建築ラッシュが続く中、有能な大工が少ないことで現場は人手不足に陥っています。豊富な大工の求人に応募するか迷っているなら、まずはやりがいについて知っておくと良いでしょう。この仕事の良いところは、自分が働いた結果が長く形として残る点にあります。住宅やときには大型のビルの建築も大工は任されます。いずれも完成したものがずっと残り続けますから、努力を他の人にも見てもらえるという意味でやりがいがあると言えるでしょう。仕事を続けるほど技量が上がっていくのも、大工の仕事の大きなやりがいです。初めのうちはベテラン職人さんをサポートするのが仕事ですが、少しずつ色々な工程を任されて最後には現場を仕切る棟梁にまでたどり着けます。こうして身につけた技量は、現場はもちろん社会からも評価されるので、頼られる人間として成長できる魅力があります。

大工

大工の仕事が長続きするポイント

重労働が多く体力的に厳しい大工の仕事は、求人を見て応募してきた若い人でも数日持たずにやめてしまうことが多いようです。しかしコツを知っておけば、やめずに長続きさせて自分を磨くことができます。仕事に辛さを感じないためにも、仲間同士の人間関係はしっかり保つようにしましょう。頼れる同僚がいれば、辛いことがあっても心をリフレッシュして翌日の仕事に取り組めるようになります。そのためにも、できるだけ多くの同僚に積極的に話しかけることです。自分で殻にこもってしまうより、会話を交わすことで仲良くなったほうが働きやすい職場づくりにつながります。仕事で失敗したからといって落ち込まないことも大切です。初めのうちは失敗も多くなります。むしろ初心者なのだからと開き直るようにし、失敗から学ぶようにすれば同僚からの信頼も得られるのでおすすめです。