ロゴ
HOME>特集>webディレクターってどんな仕事?【派遣で探そう】

webディレクターってどんな仕事?【派遣で探そう】

WEBサイト

webディレクターの仕事内容と向いている人の特徴

web制作には、制作における中心的な役割の存在として、webディレクターと呼ばれる職業があります。web制作の質は、 デザイン力、システム構築能力、人を惹きつける様な文章能力などが挙げられます。webサイトから利益を生み出すためには、社会のニーズや流行について把握しておかなければなりません。ただし、 一人の人材が、全ての能力を持ち合わせているのはほとんど無く、各分野における才能を持つ人材を集め、チームを組んで一つのwebサイトを制作するのが一般的です。それをまとめる役割が、webディレクターであり、 コミュニケーションが大好きな人にとっては最適な職業の一つです。各分野におけるスペシャリストになる必要性はありませんが、 webディレクターになるためには各分野における常識的な知識が身につけておかなければなりません。 納期のスケジュール管理なども、ディレクターの仕事です。 派遣会社を通して様々なプロジェクトに参加をしていると、自分自身のスキルアップにも繋がり、業界から貴重な人材として重宝される場合もあります。向上心があり、責任感が高く、コミュニケーション能力がある方に、魅力的な職業です。

WEBDESIGN

派遣でwebディレクターの仕事を探す場合の注意点

webディレクターの責任は重大です。 派遣先への満足は、もちろんの事、企業のクライアントに対しても満足していただけなければなりません。仕事探しをする注意点は、webディレクター以外にも、IT関係の求人が豊富にあるかも重要なポイントです。 IT関係に強い、派遣会社かどうかもキーポイントになるでしょう。 ディレクター自ら、 質の高い人材を集めなければならない場合もあるためです。もちろん、人材がいなければ成り立たないものであり、その人材の質が自分自身の評価にも大きく影響を与えてしまう場合もあります。 派遣先のweb制作会社は、デザイン会社が立ち上げた会社でステム系が弱い、逆に、システム会社が立ち上げた会社で、デザイン系が弱いなどがある場合もあります。あらゆる才能を高めておくのも重要ですが、自分自身に強みを持ち合わせていると、相手先が求める人材とマッチングしやすい場合もあります。ただ、webディレクターの仕事として求めるのでは無く、応募の際に、どの様な企業に派遣されるのか尋ねるのもポイントです。その心構えが、プラスに働き採用される可能性も高まるでしょう。